INFO BE FINE

あなたに役立つ情報、ユニークな方法をお伝えします。

*

スマホを見てると頭痛! 原因は【緊張型頭痛?】対処法

      2017/03/05

スマホやパソコンを長時間見ていると、頭痛になることありませんか?

私は1時間くらいで軽い頭痛が始まります´_`。

スマホやPCは生活に欠かせない物ですので、使っていて頭痛になるのは避けたいですよね。

統計によると、仕事でパソコンを使っている人の実に9割が頭痛や肩こりを感じているそうです。

スマホやPCを使った時になりやすい頭痛は「緊張型頭痛」。

今回はスマホやパソコンを見ている時に起こる緊張型頭痛の対処法を中心に、その原因や予防法などを分かりやすくお伝えします。

 スポンサーリンク

 

1 自分でできる対処法

それではさっそく本題の対処法です。

緊張型頭痛は肩や首の血流を良くするストレッチや軽い運動でなどで、症状を改善させることができます。

また蒸しタオルを肩や首にあてて温めるのも効果的です。

私の場合、首の後ろから後頭部を両手でマッサージすると楽になります。

ストレスが原因と思われる場合は、気分転換をはかることで好転します。

 

<緊張型頭痛を改善できるストレッチの動画をご紹介します>

<対処法をまとめますと>

  • スマホやPCを一旦やめて休憩する。
  • ストレッチをする。
  • 軽い運動をする。
  • 蒸しタオルを肩や首にあてる。
  • 自分で肩や首をもみほぐす。
  • ゆっくりお風呂に入る。
  • 自分なりのストレス発散をする。
  • 深呼吸をする。
  • 枕の高さが合っているか見直す。
  • 寝る。

 

スポンサーリンク

自分でできる対処法は以上になりますが、せっかくですので緊張型頭痛とはどういったものか、症状や原因について、もう少し見てみましょう。

 

2 緊張型頭痛とは

緊張型頭痛とは、おもに長いあいだ目を酷使したり、同じ姿勢を保ち続けた時に起こる頭痛です。

頭全体が締め付けられるような痛みがだらだらと続くのが特徴で、時にフワフワした目まいを伴うこともあります。

この「緊張型頭痛」は頭痛全体の約80%を占め、日本では成人男女の約2割が抱えている現代病です。

ここ数年スマホの普及に伴って、若い世代を中心に増加傾向。

「緊張」という名前が付いていますが、人前に出た時などの緊張とは違って、肩や首の筋肉が硬くなって緊張しているという意味からきています。

ですので別名「肩こり頭痛」とも呼ばれています。

<緊張型頭痛の概要が分かる動画をご用意しましたのでご覧ください>

緊張型頭痛は痛みの持続期間で大きく二つに分類されます。

<慢性緊張型頭痛>

痛みがほぼ毎日起き、3か月以上続く。

<反復性緊張型頭痛>

痛みが数分~1週間くらい持続。

スポンサーリンク

 

3 緊張型頭痛の症状

片頭痛が「ズキンズキン」と脈打つような痛みに対し、緊張型頭痛はきつい帽子をかぶったような「ジワー」とした痛みが特徴です。

<症状を項目別に見てみますと>

 

4 緊張型頭痛の原因

緊張型頭痛は生活習慣と密接に関係しています。

おもな原因は、長時間のスマホやパソコン作業等で首や肩の筋肉が緊張し、血流が悪くなることで起こります。

 <そのメカニズムは>

目の酷使や同じ姿勢をとり続けると、
   ⇩
肩や首の筋肉が緊張する。
   ⇩
筋肉の緊張で血流が悪くなる。
   ⇩
筋肉内に老廃物(乳酸、ピルビン酸)が溜る。
   ⇩
その周辺の神経が刺激されて痛みが起こる。

 

また他にも仕事や家庭内のトラブルといった精神的なストレスや睡眠環境などによっても引き起こされます。

<原因をまとめますと>

  • 長時間のスマホやPC作業
  • 長時間同じ姿勢を続ける
  • 車の運転
  • 運動不足
  • 睡眠不足
  • 精神的ストレス
  • うつ病
  • 歯のかみ合わせの悪さ
  • 頭痛治療薬の過剰摂取
  • 就寝時に合わない枕を使う

このように緊張型頭痛は、日頃の生活習慣と深くかかわっているのですね。

生活に支障がでるような頭痛の場合、病院で診てもらう必要があります。

続いて、病院での頭痛の検査と治療法について見てみましょう。

 

5 頭痛の検査

頭痛の検査は問診と以下の検査をして、原因を特定します。

  • CT検査(くも膜下出血、脳出血などが疑われる場合)
  • MRI検査(脳腫瘍、脳梗塞、脳動脈瘤などが疑われる場合)
  • X線レントゲン検査(頚椎異常の検査)
  • 尿・血液検査

緊張型頭痛は痛みの持続時間と発症頻度などで診断します。

 

6 緊張型頭痛の治療法

緊張型頭痛の治療法にはストレスに対する治療と薬による治療、物理療法などがあります。

<ストレスに対する治療>

ストレスには体が受けるものと、精神が受けるものがあります。

両者とも緊張型頭痛の原因になりますので、生活習慣の改善が治療につながります。

具体的には、

  • 過労を避ける。
  • 適切なタイミングで休息をとる。
  • 正しい姿勢を保持する。
  • 自分なりの気分転換法を持つ。

<薬による治療法>

①身体的なストレスに対する薬

鎮痛薬・・・非ステロイド系消炎鎮痛薬NSAIDs

筋弛緩薬・・・チザニジン(テルネリン)、エペリゾン(ミオナール)など

 

②精神的なストレスに対する薬

抗うつ薬・・・アミトリプチリン(トリプタノール)、アプロチリン(ルジオミール)など

抗不安薬・・・エチゾラム(デパス)など

 

参考:日本神経学会治療ガイドライン 緊張型頭痛より

http://neurology-jp.org/guidelinem/pdf/zutuu_03.pdf

(2016/3/9)

 

鎮痛薬の服用においては、緊張型頭痛のタイプが反復性には有効ですが、慢性の場合はあまり効果が期待できません。

長期間の服用でかえって胃腸に負担をかけたり、薬物乱用頭痛をまねく可能性があります。

ですので市販の鎮痛薬を含めて、服用に際しては医師とよく相談されることをお勧めします。

<物理療法>

緊張型頭痛の原因に肩・首の血流悪化があります。

物理療法はその部分に電気で刺激を与えたり、温めたりすることで血流を改善し、頭痛と肩こりを軽減させる方法です。

 

7 緊張型頭痛の予防法

緊張型頭痛は日頃の生活習慣と深くかかわっています。

原因となる筋肉の緊張やストレスをコントロールするこが予防につながります。

具体的には、

  • 長時間のスマホやパソコン作業を避け、こまめに休憩をとる。
  • 長い時間、同じ姿勢を保たないようにする。
  • 椅子に座った時の姿勢を正す。
  • 毎日続けられる軽い運動やストレッチをする。
  • 筋肉をつけて代謝を上げることも効果あり。
  • ストレスを解消できる自分なりの趣味を持つ。
  • お風呂にゆっくりつかり、肩・首のマッサージをする。
  • 自分に合った枕を使う。
  • 十分な睡眠をとる。

 

頭痛には多くの種類があり、中には命に係わる危険なものもあります。

例えば、後頭部のいつもと違う頭痛には「椎骨動脈解離」が原因であることがあります

また突然の激しい頭痛は、くも膜下出血の可能性があります。

このような症状が出た時には、迷わず直ぐに救急車を呼びましょう。

 

 おすすめ関連記事

後頭部の頭痛は血管の内側が剥がれている可能性あり!

首の後ろの頭痛は血管の内側が剥がれている可能性あり! 遅すぎた入院体験談

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

(※記事内容の実施に当たりましては、読者様の自己責任により、安全性・有用性を考慮いただいた上で、ご活用お願い申し上げます。)

 

 - 【健康】

  関連記事

「左背中が痛い!」それは【怖い帯状疱疹】の可能性あり!

私の父は帯状疱疹の後遺症で箸が持てません。 帯状疱疹は年配の方に多いですが、若い …

【親知らず抜歯体験談】後悔したことと良かったこと

「この親知らずは抜いた方がいいかもしれませんね」 「やっぱりそうですか」 先生と …

健康診断前にクレアチニン値を悪化させる行為【体験談】

健康診断でコレステロールや尿酸値を気にされる方は多いと思いますが、腎臓機能の数値 …

頬のしこりは【悪性:脂肪肉腫・粉瘤の癌化】の可能性あり!

洗顔時に頬にしこりを発見! 良性か悪性か気になりますよね! 頬にできるしこりの多 …

病気や不眠は【発熱力の低下】が原因かも! その対処法

人は病原菌が体に入ると身を守るために体温を上げます。 この発熱は病原菌と戦うさい …

首のしこりは【悪性リンパ腫】の可能性あり!

悪性リンパ腫は白血球の中のリンパ球が”がん化”したものです。 発病すると首やわき …

その便秘は少し危険!? 酸素による大腸がん予防法

便秘が続くと、大腸がんが心配になることありませんか? 「大腸がんは酸素に弱い」と …

「急なめまい」は脳の血管が詰まりかけている可能性あり!【体験談】

「急なめまい」は脳の血管が詰まりかけている可能性があります。 ここでは、父の体験 …

膝骨折とノロ食中毒が同時に来た体験談

今回は筆者が15年前に体験した、つらかった失敗談について書かせて頂きます。 筆者 …

後頭部の頭痛は 血管の内側が剥がれている可能性あり!

頭痛、特に後頭部から首の後ろにかけて痛むことありませんか。 その痛みが数日続く場 …