INFO BE FINE

あなたに役立つ情報、ユニークな方法をお伝えします。

*

脇の下の「しこり」は【悪性リンパ腫】の可能性あり!

      2017/12/10

脇の下にしこりができると良性か悪性か気になりますよね!

脇の下にできるしこりの殆どは、良性しこりですので、あまり心配する必要はありませんが、稀に悪性リンパ腫ができることがあります。

悪性リンパ腫は早期対処が必要!

ですので、しこりを触って「もしかして悪性?」と疑えることが大切になります。

私の父はお風呂で首を洗っているときに「しこり」を見つけ、少しずつ大きくなるので診てもらったら悪性リンパ腫でした。

今回は、すぐに診てもらった方がよい稀な【悪性リンパ腫の疑い方・特徴】を中心に、【体験】を盛り込みながら分かりやすくお伝えします。

スポンサーリンク

 

1 脇の下のしこり【悪性リンパ腫の疑い方】

本題に入る前に、脇の下にできるしこりの場所についてご紹介いたします。

筆者作成

 

①腕の付け根部分:粉瘤や毛嚢炎、また副乳のしこりができやすい所です。

②凹んでいる部分:リンパ節があり、リンパ腫ができやすい所。

③乳腺の外端部分:乳腺の腫瘍ができやすい所です。

 

<脇の下の「しこり」、良性・悪性の見分け方>

それでは本題です。

下の表は、ご自分でしこりに気づいた時に、「これはもしかして悪性?」と疑った方がよい特徴についてまとめたものです。

悪性しこりを疑うポイントは、

  1. 硬い
  2. 徐々に大きくなる
  3. 痛くない
  4. 動かない

この4つが当てはまる場合、悪性を疑って早目に病院で診てもらったほうがよさそうです。

(この全てが当てはまらなくても悪性リンパ腫の可能性がないとはいえません)

私の父は、この4つが当てはまり、早期治療で治りました。

 

「しこりの硬さ」については、自分で触ってこれが硬いのか、軟らかいのかの判断がしづらいかしいかもしれません。

また「しこりの可動性」とは、しこりを横から押したときに、少し動くような感じがするということで、これも個人差もあって分かりづらいかもしれません。

上記の特徴はあくまでも目安としての特徴です。

自己判断で終わらせずに、専門医療機関の受診をおすすめします。

スポンサーリンク

 

ではもし、 悪性リンパ腫を疑ったら何科で診てもらえばいいのでしょうか?

続いてご紹介します。

 

2 悪性リンパ腫を疑ったら何科で診てもらえばいいの?

悪性リンパ腫は血液内科のある内科(がんの専門病院など)で診ていただきましょう。

※早期治療開始が大切ですので、最初から上記の専門医療機関の受診をおすすめします。

私の父が悪性リンパ腫を発症した時は、血液内科のある癌の専門病院で治療していただきました。

最新の設備と治療により、治すことができました。

その体験談はこちら

悪性リンパ腫の治療は、治療実績のある病院がおすすめです。

悪性リンパ腫の名医のいらっしゃる病院はこちらから探せます↓

悪性リンパ腫の名医のいる病院100選

 

<血液内科とは?>

血液の病気と、骨髄やリンパ、脾臓などの病気を診療します。

血液内科が対象とするおもな病気は、

  • 悪性リンパ腫
  • 貧血
  • 急性白血病
  • 多発性骨髄腫
  • 血小板減少症

などで、入院患者の多いのが悪性リンパ腫だそうです。

スポンサーリンク

 

ではそもそも悪性リンパ腫とはどういう病気なのでしょうか?

続いてご紹介します。

 

3 悪性リンパ腫とは【動画付】

悪性リンパ腫とはリンパ球が何らかの原因で癌化したものです。

発病すると首やわきの下、耳の後ろなどにあるリンパ節にしこりができたり、腫れたりします。

日本での年間発症患者数は約1万人とされ、女性4に対し男性6と男性に多い傾向があります。

 

悪性リンパ腫の概要がわかる動画をご用意しましたので、ご覧ください。

悪性リンパ腫についての詳しい記事はこちらをご覧ください。首のしこりは【悪性リンパ腫】の可能性あり!

 

<悪性リンパ腫の原因>

悪性リンパ腫の原因はまだ解明されていませんが、疑われる要因として、

  • ウイルス感染
  • 放射線
  • 殺虫剤
  • 除草剤

などが関係しているのではないかと考えられています。

他のがんと同じく、早期発見、早期治療が大切です。

 

ここまで悪性リンパ腫についてご紹介しましたが、脇の下にできるしこりの多くは、その他のしこりです。

続いて悪性リンパ腫以外のしこりについても見てみましょう。

 

4 脇の下にできるしこり(悪性リンパ腫以外)

ここでは、脇の下にできる他のしこりを7つをご紹介します。

  1. 粉瘤
  2. リンパ節の腫れ
  3. 脂肪腫
  4. 毛嚢炎
  5. 乳腺症
  6. 乳がん
  7. 妊娠中にできるしこり

個別に見てみましょう。

 4-1 粉瘤

粉瘤(アテローム)とは袋状になった皮下組織に古い角質や老廃物がたまってしこりになったものです。

粉瘤は脇の下やおしり、耳たぶなどによくできます。

皮膚の古い角質は、普通「垢」として皮膚の表面から落ちますが、まれに毛穴の奥にできた袋状組織にたまることがあり、そこが腫瘍・しこりになります。

粉瘤は良性の腫瘍です。

通常は痛みを伴わないしこりですが、袋状組織内に菌が入り込んで化膿してしまうと赤く腫れ、痛みが出ます。

初期症状はかゆみを感じ、その後、しこりができるケースが多いようです。

粉瘤ができる原因はまだ解明されていませんが、要因として

  • 外傷
  • 打撲
  • ストレス
  • 疲労

などが関係しているのではないかと言われています。

このしこりは放っておくと徐々に大きくなりますので、痛みを伴う場合はもちろんですが、あまり大きくならないうちに皮膚科で診てもらうことをおすすめします。

治療法は日帰りできる簡単な手術で、垢がたまった袋状組織を取り除きます。

 

 4-2 リンパ節の腫れ

人体にはリンパ管が張り巡らされています。

リンパ管が合流するリンパ節では、細菌やウイルスなどを排除しています。

リンパ節の腫れは、風邪やケガなどで入ってきた異物を白血球が排除する防衛反応によるもので、この時にリンパ節が腫れてしこりになるのです。

ですので原因の風邪や炎症が治まれば、しこりも徐々に消えていきます。

もし数日たってもしこりが無くならない様でしたら、悪性リンパ腫の可能性もありますので、内科で診てもらいましょう。  

 

 4-3 脂肪腫

脂肪細胞がしこり状に増殖してできた腫瘍で、良性腫瘍です。

肩や背中などに多い脂肪腫ですが、脇の下にできることもあります。

通常、痛みはありません。

大きくなりすぎたり神経の近くにできると痛みを伴うことがあります。

子供のころにでき始める人もいて、少しずつ大きくなります。

治療法は皮膚科もしくは形成外科での摘出手術。

小さいしこりで痛みを伴わない場合、経過観察になることもあります。

 

 4-4 毛嚢炎(もうのうえん)

別名「毛包炎」とも呼ばれ、毛穴の奥で毛根を包んでいる毛包にブドウ球菌が感染して起こる皮膚病です。

発症すると毛穴に赤いぶつぶつができたり、白いニキビのような状態になります。

かゆみ、痛みは殆どありません。

首の後ろやお尻、太ももなどにできやすいですが、脇の下にもできます。

このしこりは一度にたくさんできたり、治っても再発を繰り返す場合があります。

原因は解明されていませんが、考えられる危険因子として

  • 糖尿病
  • 免疫機能低下
  • 肥満
  • 高齢
  • 脱毛
  • シェービング

主な治療は抗生物質によるもので、必要に応じてしこりを取り除く処置をすることもあります。

予防のために脱毛やシェービングの際、脇の下をよく洗いましょう。

 

 4-5 乳腺症

脇の下にできるしこりに乳腺症があります。

乳腺とは母乳を作る臓器の名前です。

35~45歳くらいの女性が発症しやすく、月経前にしこりとなって腫れたり、痛みを生じます。

乳腺症は良性です。

原因は生理前のホルモンバランスの乱れとされ、毎月の乳腺の変化で、ある一部分に液状のものが詰まって元の戻らなくなると、そこがしこりになります。

治療の多くは経過観察ですが、痛みが強いときには鎮痛薬が処方されることもあります。

 

 4-6 乳がん

40歳以上の女性に発症しやすいがんで、近年増加傾向にあります。

女性のがんで最も多いがんです。

初期症状に痛みはありませんが、進行すると痛みが出ることも。

脇の下のリンパ腺に転移すると、そこにしこりができ、「腕がだるい」といった症状がでることもありますので、原因不明の腕のだるさを感じたら専門医療機関で診てもらいましょう。

しこりの硬さは硬いものから軟らかいものまであります。

やはり定期的な乳がん検診やご自身の触診が大切で、もししこりに気づいたら早目に乳腺外科で診てもらうことをお勧めします。

 

 4-7 妊娠中にできるしこり

女性は妊娠すると体に変化が起きます。

脇の下に違和感を感じて触ると、しこりのようなものを見つけることがあります。

このしこりは「副乳」と呼ばれるもので、よく見ると小さな乳頭のようにも見えます。

副乳は人が進化の過程で退化した乳房とかんがえられていて、妊娠中のホルモンバランスの変化に伴い、しこりのように触って分かるようになるとされています。

押すと痛い場合もあるそうですが、授乳期が終わるとホルモンバランスが戻って、しこりも目立たなくなりますので、あまり気にする必要はありません。

 

5 まとめ

ここまでご覧いただき、ありがとうございます。

それでは今回のポイントをまとめます。

<悪性リンパ腫を疑うポイント>

しこりが、

  1. 硬い
  2. 徐々に大きくなる
  3. 痛くない
  4. 動かない

この4つが当てはまる場合、悪性を疑って早目に病院にいったほうがよさそうです。

(この全てが当てはまらなくても悪性リンパ腫の可能性がないとはいえません)

 

<悪性リンパ腫を疑ったら何科で診てもらえばいいの?>

血液内科のある内科。

悪性リンパ腫の治療実績のある専門病院がおすすめです。

※早期治療開始が大切ですので、最初から上記の専門医療機関の受診をおすすめします。

 

6 記事を書き終えて

いかがでしたでしょうか?

参考になりましたでしょうか?

脇の下にできるしこりの多くは良性腫瘍ですが、稀に悪性のしこりができることがあります。

悪性の場合、早期治療開始が大切。

私の父は、早目に発見できたので他の臓器への転移も無く、治すことができました。

治療は最新の薬を使った抗がん剤治療でした。

 

しこりは体の色んな部位にできます。

もし首や足の付け根などにできた場合も悪性リンパ腫の可能性があります。

くわしい記事を下記でご紹介しておりますので、是非ご覧ください。

 

7 おすすめ関連記事

首のしこりは【悪性リンパ腫】の可能性あり!

耳の後ろの「しこり」は【悪性リンパ腫】の可能性あり!

足の付け根の「しこり」は【悪性リンパ腫】の可能性あり!

「子供の首にしこり!」稀な悪性リンパ腫の疑い方

父の悪性リンパ腫治療【驚きの】体験談!

PET-CT検査の注意点「前日の食事時間は?」体験談より

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

(※記事内容の実施に当たりましては、読者様の自己責任により、安全性・有用性を考慮いただいた上で、ご活用お願い申し上げます。)

 - 【健康】

  関連記事

手首のしこりは【悪性軟部腫瘍】の可能性あり!

手首にしこりができると良性か悪性か気になりますよね! 手首にできるしこりの殆どは …

その便秘は少し危険!? 酸素による大腸がん予防法

便秘が続くと、大腸がんが心配になることありませんか? 「大腸がんは酸素に弱い」と …

抜歯時に笑気ガス麻酔はおすすめです!【体験談】

歯医者さんは苦手ですか? 私は苦手です。 というより「苦手でした」 先日、私は親 …

子宮全摘・開腹手術後に「便秘」! その原因と対策

今回は子宮全摘手術後に妻を悩ませている便秘について調べてみました。 妻は9か月前 …

首の後ろの頭痛は 血管の内側が剥がれている可能性あり! 遅すぎた入院、体験談

先日、筆者の友人Mさんがひどい頭痛により救急車で緊急入院しました。 病名は椎骨動 …

後頭部の頭痛は 血管の内側が剥がれている可能性あり!

頭痛、特に後頭部から首の後ろにかけて痛むことありませんか。 その痛みが数日続く場 …

耳の後ろの「しこり」は【悪性リンパ腫】の可能性あり!

お風呂に入って耳の後ろを触ると「あれっ?なにこのしこり?」 そんな経験をした方も …

足の付け根の「しこり」は【悪性リンパ腫】の可能性あり!

お風呂でシャワーを浴びてて「あれっ? こんな所にしこりがあったかな?」 そんな経 …

暖房で喉が痛い!でも加湿器を使うと結露!【対処法】

冬にエアコン暖房をすると喉が痛くなることありますよね! 乾燥による喉の痛みやかぜ …

健康診断前にクレアチニン値を悪化させる行為【体験談】

健康診断でコレステロールや尿酸値を気にされる方は多いと思いますが、腎臓機能の数値 …