INFO BE FINE

あなたに役立つ情報、ユニークな方法をお伝えします。

*

「胃もたれ解消!」でもまだ続く違和感は【胃がん】の可能性も

      2017/07/26

「久しぶりのバイキング♪」つい食べ過ぎて胃もたれ!

よくありますよね。

胃薬を飲んでほぼ解消。

「でもまだ少し胃が重い・・・」

そんな違和感が続いている場合は、胃がんの初期症状の可能性があります。

 

胃がんになりやすい年代は40代以上ですが、40歳以下の若い人でも発病します。

初期の胃がんは自覚症状がほとんどありません。

今回は、「食べ過ぎ胃もたれ」に似た症状もある胃がんの初期症状を中心に、胃がんについて分かりやすくお伝えします。

スポンサーリンク

 

1 胃がんとは

ご存知のように胃は胃袋とも呼ばれ、食べた物を一時的に貯めて消化し、十二指腸へ送り出しています。

胃がんとは、胃の内壁にある粘膜細胞が癌化して、無秩序に増殖した状態です。

進行スピードは遅く、胃がん検診で発見される大きさになるまでには、何年もかかります。

がん細胞は進行するにつれて、胃壁の中に入り込み、外側(漿膜:しょうまく)、さらに外へと進行し、胃に隣接する大腸やすい臓へと広がっていきます。

<胃がんの転移>

がん細胞は血液やリンパ液に乗って移動(転移)します。

胃がんで最も多い転移先はリンパ節。

リンパ節とは免疫システムを構成する「リンパ系組織」の一種で、全身に約600か所あり、小豆くらいの大きさのものです。

リンパ節のがんは悪性リンパ腫。

悪性リンパ腫についての詳しい記事はこちらをご覧ください。⇒首のしこりは【悪性リンパ腫】の可能性あり!

 

 

スポンサーリンク

 

2 分かりにく胃がんの初期症状

胃がんは、初期の段階では自覚症状がほとんど無く、かなり進んでから胃もたれなどの症状がでることがあります。

このような事例があります。

【Aさん50代女性】

普段からお元気で食欲旺盛。

ある日「最近なんか胃もたれが続くのよね!」

家族:「また食べ過ぎのせいじゃない!」

本人は少し気になって、一応病院で検査を受けたらかなり進行した胃がんでした。

Aさんは主婦だったせいか、今まであまり定期健診を受けていなかったようです。

<胃がんの主な初期症状>

  • 胃がんの代表的な初期症状は、
  • 胃もたれ
  • 胃の不快感
  • 胃の違和感
  • 胸焼け
  • 吐き気
  • ゲップ

これらの症状は、初期胃がん以外の軽い胃潰瘍や胃炎でも起こります。

ですので、「いつもの胃もたれか!」などと思って市販薬で済ませずに長引くようでしたら、消化器系の専門医療機関の受診をおすすめします。

<進行胃がんの症状>

胃がんが進行した状態で出る症状としては、

  • 胃痛
  • 黒っぽい便
  • 貧血
  • 体重減少
  • 吐血
  • 下血

スポンサーリンク

 

3 胃がんの原因

多くの胃がん研究により、胃がんの発生率を高める要因がいくつか指摘されています。

・塩分の摂りすぎ

・喫煙

・野菜や果物の摂取不足

・ヘリコバクターピロリ菌

・アルコールの飲みすぎ

・ストレス

これらはあくまでもリスクを高める要因ですので、これらに気を付ければ、胃がんにならないとはかぎりません。

 

4 胃がんの検査

最近では、胃がんの定期健診によって、多くの早期胃がんが発見されています。

一般的な胃がん検査は2種類あります。

<1:胃X線検査>

バリウム検査とも言います。

バリウム(液体)と胃を膨らませる発泡剤を飲んで、レントゲンで胃の形や粘膜(しわ)の状態を検査します。

姿勢や角度を何度も変えて撮影します。

<2:胃内視鏡検査>

以前は胃カメラと呼ばれていました。

口からファイバースコープを入れて、直接胃の内部を見て調べます。

がんが疑わしい場所があったら、組織の一部を採取し、細胞ががんであるかを調べます。(病理検査)

 

5 胃がんの治療

<手術>

数ある治療法の中で最もベーシックな治療法で、がんの病巣そのものを取り除く方法です。

病巣の周辺などに転移した転移巣も取り除きます。

<抗がん剤(化学療法)>

抗がん剤が全身に行きわたって、がん細胞を攻撃、破壊する化学療法です。

がん細胞がどこにあっても行える全身療法です。

<放射線療法>

放射線を使って、がんの増殖を遅らせたり、縮小させる治療法です。

がんの領域だけを狙う局所療法のため、全身的な負担が少なく、高齢者に優しい治療法です。

また治療を施した臓器の形態と機能が温存できるのも良い点です。

<免疫細胞療法>

近年注目されてきている全身療法で、患者本人の細胞を体外で大量に増やし、機能を付加したり増強して体内に戻す治療法です。

ごく小さながんや転移防止にも有効。

患者本人の細胞を使うため、副作用がほとんど無く、体への負担が軽くて済みます。

<陽子線治療>

陽子線治療はがんの腫瘍部だけに照射できるので、放射線療法よりも周囲の正常な細胞を傷つけることが少なくて済みます。

1回の照射時間は15~30分程度。

照射中の痛みもほとんど無く、体に優しい治療法です。

1日1回、週3~5回照射し、合計4~40回くらい行います。

<重粒子線治療>

陽子線治療よりもさらにピンポイントでがん局部を治療することができます。

がん細胞殺傷力は陽子線治療の2~3倍。

X線では治療が困難な深い所にあるがんの治療も可能です。

治療の時間と回数は陽子線治療と同じくらいで、1回当たり15~30分。

1日1回、週3~5回、合計1~40回程度行います。

 

おすすめ関連記事

胃痛で胃カメラ検査を受けたら慢性胃炎を発見!【体験談】

胃炎の症状が無くてもピロリ菌検査はするべきか?

軽い慢性胃炎でもピロリ菌検査・除菌するべき理由

「その胃痛、原因はピロリ菌?」 ピロリ菌検査法

「食べ過ぎで胃が痛い!」タイプ別対処法

「胃がキリキリ痛いのに薬が無い!」【応急対処法】

空腹時の胃痛!【対処法】放置は危険な場合も!

「その腹痛!原因はお寿司?」 胃壁にもぐり込む寄生虫

胸焼け、逆流性食道炎で眠れない! 私の改善体験談

腹痛! あと1時間遅かったら助からなかった体験談

 

胃がんの怖い所は初期の自覚症状が分かりにくい点です。

私の祖父は、私が10歳の時に胃がんで亡くなりました。

祖父は、胃もたれを感じて検査を受けたら、進行胃がんでした。

当時はまだ町の定期健診も無く、今ほどがんの検査や治療の技術も進んでいませんでした。

がんは遺伝的な要因もあるそうですので、私も気を付けなければならないと思っています。

定期的な胃がん検診を受け、胃もたれのような胃の違和感が続くようでしたら、セカンドオピニオンとして、別の消化器系専門医療機関の受診をおすすめします。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

(※記事内容の実施に当たりましては、読者様の自己責任により、安全性・有用性を考慮いただいた上で、ご活用お願い申し上げます。)

 - 腹痛

  関連記事

「その腹痛!原因はお寿司?」 胃壁にもぐり込む寄生虫

「お寿司を食べた後の腹痛ですか?」 「原因はもしかして寄生虫かもしれません!」 …

胸焼け、逆流性食道炎で眠れない! 私の改善体験談

寝ようとしてベッドに入ると胸焼けになることありませんか。 私は半年ほど前から時々 …

ピロリ菌の除菌で副作用が出た!【1週間の体験談】

ピロリ菌の除菌薬には副作用があります。 今回は、私の体験した1週間の副作用をご紹 …

空腹時の胃痛!【対処法】放置は危険な場合も!

お腹が空いているときに胃が痛くなるのはつらいですよね´_`。   何か …

「胃がキリキリ痛いのに薬が無い!」【応急対処法】

胃がキリキリ痛いのに薬が切れていることってありますよね! 今回はそういう時の「6 …

腹痛! あと1時間遅かったら助からなかった体験談

今回は20年前に父が体験したこわい腹痛について書かせて頂きます。 それは自動車事 …

軽い慢性胃炎でもピロリ菌検査・除菌するべき理由

空腹時や食後に軽い胃痛になることありませんか? ピロリ菌が原因で慢性胃炎になるこ …

胃痛で胃カメラ検査を受けたら慢性胃炎を発見!【体験談】

「胃が痛い! 食べ過ぎかな?」 「また? 一度 胃カメラ飲んで、しっかり調べても …

「その胃痛、原因はピロリ菌?」 ピロリ菌検査法

空腹時や食後に胃痛になることありませんか? ピロリ菌が原因で胃痛になることがあり …

「食べ過ぎで胃が痛い!」タイプ別対処法

ついつい食べ過ぎてしまって、胃が痛くなることありませんか? おいしい物が目の前に …