INFO BE FINE

あなたに役立つ情報、ユニークな方法をお伝えします。

*

アフタ性口内炎予防! 私は「これ」を食べ始めたらできなくなりました

      2017/09/20

アフタ性口内炎ができると食べる時に痛くて辛いですよね。

今回は私が実践している口内炎の予防法をご紹介します。

口内炎はできてしまってから薬や軟膏をぬるよりも、できない様にする方がずっといいですよね。

私も15年前までアフタ性口内炎ができやすく、その痛みに悩まされていました´_`。

でも15年前から「ある物」を食べるようになって、時々できていたアフタ性口内炎が殆どできなくなりました。

すべての方にこの予防法が当てはまるとは限りませんが、口内炎ができやすい方は、一度お試しください。

スポンサーリンク

 

1 私のアフタ性口内炎予防法

それではさっそく私のアフタ性口内炎予防法をご紹介します。

私は15年前からあるものを毎日1回食べるようにしました。

その食べ物は、米ぬか健康食品の「ぬか玄」です。

ドラッグストアーなどによく置いてありますので、ご存知の方も多いかもしれませんが、米ぬかから作った食品です。

普通の米ぬかは酸化しやすいのが短所ですが、発酵させることによって酸化を防いでいるそうです。

粉末、顆粒、錠剤の3種類があります。

<思わぬ効果>

実は米ぬかを食べ始めたきっかけは、お腹の調子をよくするためでした。

偶然ラジオで聞いた米ぬか食品が、安くてお腹に良さそうでしたので食べ始めました。

食べ始めて1ヵ月くらいでお腹の調子がよくなり、それと一緒に、なんとなく皮膚と口の粘膜が強くなったような感覚を覚えました。

その後、いつのまにかアフタ性口内炎ができなくなっていたのに気づきました。

 

すべての方に効果があるとは限りませんが、米ぬかは腸内環境改善効果も期待できますので、アフタ性口内炎ができやすい方は、一度試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

 

2 私の食べ方

米ぬかは食品ですので、どうやって食べてもいいのですが、私はヨーグルトに入れて食べています。

食べ始めたころは粉末をお味噌汁に入れたり、納豆に混ぜたり色々試しましたが、最後はヨ-グルトに入れて食べることに落ち着きました。

ヨ-グルトに入れると米ぬか独特の味が抑えられて食べやすくなります。

一日一回、夕食後に粉末タイプを1袋、ヨ-グルトにまぜて食べています。

私の場合、一日一袋で効果があります。

<1日23円?>

米ぬか食品はほかの栄養補助食品に比べて安くて手頃なのも魅力です。

粉末タイプの場合、1日1袋で23円、一か月で700円くらいです。

おかげで15年間殆どアフタ性口内炎ができていません。

米ぬかには皮膚や粘膜を強くする効果があるようです。

 スポンサーリンク

 

ここまで私の予防法について見てきましたが、その他一般的な予防法についても見てみましょう。

 

3 アフタ性口内炎の予防法

アフタ性口内炎は普段から予防を心がけることによって、発症のリスクを軽減できます。

おもな予防法は、

1:うがいをする

2:やさしく歯磨きする

3:口の中を傷つけないようにする

4:口の中の乾燥を防ぐ

5:バランスの良い食生活をする

6:ストレスや疲れを溜めないようにする

7:規則的な生活と睡眠

8:かぜをひかないようにする

 

個別に見ていきましょう。

<1:うがいをする>

アフタ性口内炎の予防には、口の中を清潔にするうがいが効果的です。

うがいをしてもその数時間後にはまた細菌がもとの数に増えますので、理想は2時間おき。

少なくとも毎食後と就寝前には行いましょう。

口のなかを清潔に保つためのうがいを効果的に行う目安は、約2時間ごとです

食前、食後、寝る前、夜中に目が覚めたときなど、1日に7〜8回を目安に行いましょう

 

引用:国立がん研究センター 粘膜障害:口内炎より

http://ganjoho.jp/public/dia_tre/attention/chemotherapy/side_effect/stomatitis.html

(2017/06/07)

 

<2:やさしく歯磨きする>

軟らかい毛の歯ブラシを使って、やさしくブラッシングしましょう。

歯と歯の隙間や、歯と歯茎の境目もお忘れなく。

1日4回、毎食後と就寝前に磨きましょう。

<3:口の中を傷つけないようにする>

口の中に傷ができると、アフタ性口内炎が格段にできやすくなります。

歯磨きの時は、口の中の粘膜を傷つけないようにしましょう。

また食事の時は、歯で頬の内側や下唇を噛まないようにしましょう。

<4:口の中の乾燥を防ぐ>

口の中が乾燥すると細菌が増殖して、口内炎になりやすくなります。

こまめに水分補給をしましょう。

<5:バランスの良い食生活をする>

口の中の粘膜を弱くする原因に、栄養バランスの乱れがあります。

とりわけビタミンB群(B2・B6・C)が欠乏すると粘膜が弱まります。

【ビタミンB2を多く含む食品は】
  • レバー
  • さば
  • うなぎ
  • 牛乳
  • 海藻
  • ほうれん草
  • ブロッコリー
  • しいたけ
  • 納豆

 

【ビタミンB6を多く含む食品は】
  • レバー
  • 鶏のささみ
  • まぐろ
  • チーズ
  • 牛乳
  • キャベツ
  • バナナ
  • 大豆
  • とうもろこし

 

【ビタミンCを多く含む食品は】
  • いちご
  • レモン
  • ピーマン

これらの栄養素が不足しないよう、日頃からバランスのとれた食事を心掛けましょう。

<6:ストレスや疲れを溜めないようにする>

ストレスや疲れを溜めすぎると、口内炎の予防に必要な栄養が消耗されてしまい、粘膜が弱まります。

また栄養を取り込む働きも低下しますので、ストレスの発散やコントロールが大切です。

<7:規則的な生活と睡眠>

生活のリズムをできるだけ規則的に保ち、睡眠と休息をしっかりとって、疲れを溜めないようにしましょう。

<8:かぜをひかないようにする>

かぜをひくと免疫力が低下してアフタ性口内炎ができやすくなります。

季節の変わり目など、体調管理をしっかりしてかぜをひかないようにしましょう。

 

4 記事を書き終えて

いかがでしたでしょうか

参考になりましたでしょうか

私の場合、アフタ性口内炎が一番できやすいパターンは、かぜをひいている時に口の中に傷をつけてしまった時です。

ごはんを食べている時、たまに下唇を歯で噛んでしまうことがあります。

体調がいいときは傷は直ぐ治りますが、かぜをひいていると高い確率で傷がアフタ性口内炎へと変貌していきます。

かぜが治らないと口内炎の治りが悪いです。

実はこの記事を書いている今、まさにこのパターンで下唇に口内炎があります´_`。

私のことはさておき、

口内炎が治るのに2週間以上かかっている場合や、次から次へとできる場合は、他の病気が原因でできるケ-スがあります。

長期間、口内炎が治らなかったり悪化するときは、耳鼻咽喉科などの受診をおすすめします。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

(※記事内容の実施に当たりましては、読者様の自己責任により、安全性・有用性を考慮いただいた上で、ご活用お願い申し上げます。)

 - 【健康】

  関連記事

「胸が痛い!」原因は<気胸>の可能性あり【体験談】

私は26歳の時、気胸を発症しました。 今回はその体験談を中心に、気胸の症状や治療 …

腰のしこりは【悪性軟部腫瘍】の可能性あり!

おふろで腰にしこりを発見! 良性か悪性か気になりますよね! 腰にできるしこりの多 …

アルツハイマー予防!【40代から脳のお掃除を!】

アルツハイマーの予防は40代からがお勧めです。 今回はアルツハイマーの予防に効果 …

頬のしこりは悪性脂肪肉腫の可能性あり!

洗顔時に頬にしこりを発見! 良性か悪性か気になりますよね! 頬にできるしこりの多 …

運転中眠くなる! 原因は睡眠時無呼吸かも!

車の運転中に眠くなることありませんか。 筆者は仕事で運転中に、時々眠くなることが …

「コロコロ便が続く!」その原因と対策!

コロコロ便が続いていませんか? コロコロ便は便秘の一種!´_`。 便秘は肌荒れや …

足の付け根の「しこり」は【悪性リンパ腫】の可能性あり!

お風呂でシャワーを浴びてて「あれっ? こんな所にしこりがあったかな?」 そんな経 …

「左背中が痛い!」それは【怖い帯状疱疹】の可能性あり!

私の父は帯状疱疹の後遺症で箸が持てません。 帯状疱疹は年配の方に多いですが、若い …

子宮全摘・開腹手術後に「便秘」! その原因と対策

今回は子宮全摘手術後に妻を悩ませている便秘について調べてみました。 妻は9か月前 …

抜歯時に笑気ガス麻酔はおすすめです!【体験談】

歯医者さんは苦手ですか? 私は苦手です。 というより「苦手でした」 先日、私は親 …