INFO BE FINE

あなたに役立つ情報、ユニークな方法をお伝えします。

*

リュックの破れを自分で修理!【超強力接着剤法】

      2018/04/22

「あれっ? リュックが破れてる!」

「まだ買って半年ないのに´_`。」

筆者撮影

そんな経験ありませんか?

一般的に、リュックが破れてしまった時の修理法は、針と糸を使って縫う方法ですが、再度破れないようにしっかり縫い合わせるのはかなり難しいですよね!

そこで今回は、だれでも簡単にできる「強力接着剤を使って直す方法」をご紹介します。

破れに次いで多いのが持ち手の根本が取れてしまうこと!

その修理法も合わせてご紹介します。

どちらも接着剤を使う簡単な方法ですので是非おためし下さい。

(この方法の実践に当たりましては、自己責任でお願いします)

 

スポンサーリンク

 

1 リュックの破れを自分で修理!【超強力接着剤法】

それではさっそくご紹介します。

ご用意いただくものは4つです。

  1. 超強力接着剤:ウルトラ多用途SU
  2. 手袋
  3. フェルト
  4. はさみ

個別に補足します。

①超強力接着剤:ウルトラ多用途SU(25ml)

下の写真のもので、ホームセンターなどで普通に売っています。

筆者撮影

※500円くらいしますが、何にでも使える接着剤ですので1本買っておくと便利です。

 

②手袋

接着剤が手に付かないようにするための手袋で、簡単なものでOKです。

たとえば、

筆者撮影

 

③フェルト

100円ショップに売っています。

今回は黒を使いました。

筆者撮影

 

それでは手順です。

<1:フェルトのカット>

破れた部分の形に合わせて、フェルトをはさみで切りましょう。

今回は、三角に切りました。

筆者撮影

 

<2:接着面をキレイにしましょう>

接着面に付いているゴミや汚れを取りましょう。

 

<3:接着剤を塗りましょう>

※接着剤を使う前に、裏面に書いてある注意事項をよく読みましょう。

手袋をして、付属のヘラを使ってフェルトに接着剤を塗りましょう。

筆者撮影

 

<4:フェルト貼り>

フェルトを貼り付けましょう。

 

<5:はみ出した接着剤を取りましょう>

フェルトからはみ出した接着剤は、すぐに付属のヘラやティッシュペーパーなどで取りましょう。

接着剤が固まるまで約3時間かかりますので、フェルトを触らないようにしましょう。

 

<6:接着剤が固まったら完成^v^>

筆者撮影

 

実用強度が出るのは接着から約3時間後ですが、力が加わって破れた部分ですので、リュックは完全硬化する24時間後から使いましょう。

 

※下の写真は反対側(左側)を半年前にこの接着剤で修理した部分です。

<修理済写真>

筆者撮影

重い本などを入れて毎日使ってますが、未だに剥がれずにしっかりくっついています。

 

ボンドメーカーが表記してます硬化時間をお伝えします。

【この接着剤の硬化時間】

約15分で接着面が動きづらくなります。

約3時間で実用強度に達します。

約24時間後に完全硬化します。

(ポリプロピレンと木材:23℃・湿度50%の場合)

 

スポンサーリンク

 

続きまして、リュックの【持ち手の修理法】をご紹介します。

普通、リュックの持ち手の根本が取れてしまったら、針と糸を使って縫う方法が一般的ですが、取れないようにしっかり縫い合わせるのは、やはりかなり難しいですよね。

そこで再び超強力接着剤法の出番!

同じく簡単な方法ですので是非おためし下さい。

 

2 リュックの持ち手を自分で修理!【超強力接着剤法】

下の写真のように、持ち手が取れてしまった時の修理法です。

 

ご用意いただくものは3つです。

  1. 超強力接着剤【ウルトラ多用途SU】
  2. 手袋
  3. 洗濯バサミ

<1:接着面をキレイにしましょう>

接着面に付いているゴミや汚れを取りましょう。

 

<2:接着剤を塗りましょう>

手袋をして、付属のヘラを使って接着剤を塗りましょう。

筆者撮影

 

<3:持ち手を付けて洗濯バサミで固定>

接着剤が固まるまで約3時間かかりますので、洗濯バサミなどを使って持ち手が取れないように挟みましょう。

筆者撮影

 

<4:はみ出した接着剤を取りましょう>

持ち手の脇からはみ出した接着剤は、すぐに付属のヘラやティッシュペーパーなどで取りましょう。

 

<5:接着剤が固まったら完成^v^>

筆者撮影

※上の写真の持ち手左端は、8ヵ月前にこの接着剤で修理した部分です。

今でもしっかりくっついています。

 

接着剤は約3時間でほぼ固まりますが、完全硬化は24時間後です。

リュックの使用は完全硬化した24時間後からにしましょう。

 

スポンサーリンク

 

以上で強力ボンドを使ったリュックの修理法は終わりですが、せっかくですので今回使った超強力接着剤【ウルトラ多用途SU】の特徴をご紹介します。

 

3 今回使った接着剤の特徴

この接着剤【ウルトラ多用途SU】の特徴は、強力で水に強く、曲げに強いところです。

ですのでリュックの修理に最適です。

特徴をまとめますと、

  1. 殆どの素材に使える(フッ素樹脂、貴金属、高価格品は不可)
  2. 曲げ・衝撃に強い
  3. 水に強い
  4. 完全硬化後は弾力性のあるゴム状になる
  5. 耐熱温度:-30℃~80℃
  6. 透明

特に1~4の特徴は、リュックの修理に適している点です。

 

スポンサーリンク

 

4 ウルトラ多用途SU「使用上の注意点」

一応 念のために、このボンド裏に書いてあります「応急処置および取り扱い上の注意」の内容を抜粋してご紹介します。

・目や喉、気分の異変を感じたら、空気の新鮮な場所に移動。

・必要に応じて医師の診断を受ける。

・体質によってかぶれることもある。

・皮膚についたらすぐに塗料うすめ液で拭き取り、石鹸と水でよく洗い落とす。

・使用中、使用後は換気をよくする。

・火気厳禁。

・接着用以外に使わない。

・子供の手に届かない所に保管。

 

 

5 記事を書き終えて

いかがでしたでしょうか?

参考になりましたでしょうか?

リュックを接着剤で直す時は、使う接着剤選びがポイント!

私も過去に普通のゴム系接着剤などを使って失敗してきました。

最近は、おもにこの接着剤を使っています。

長持ちしてますよ。

お気に入りのリュックは直してできるだけ長く使いたいですよね!

 

この強力ボンドを使うと、靴底やスリッパのはがれ修理もできます。

下の関連記事でご紹介していますので、よろしかったら是非ご覧ください。

 

6 おすすめ関連記事

「靴底はがれ修理を自分で!」  超強力接着剤SUを使う方法

スリッパ修理を自分で! 超強力接着剤SUを使う方法

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

(※記事内容の実施に当たりましては、読者様の自己責任により、安全性・有用性を考慮いただいた上で、ご活用お願い申し上げます。)

 - 【暮らしに役立つユニークな方法】

  関連記事

爪切りの研ぎ方、安く簡単に研ぐ方法【動画付】

「最近どうも爪切りの切れ味が悪くなったなあ!」と思う事ありませんか。 普通爪切り …

フェリーや車で酔わない方法【他に無い裏ワザ】

「今日はフェリーに乗るけど、船酔いしないかしら・_・?」 みなさん船や車に乗ると …

扇風機の掃除法 「モーターにこんなにホコリが!」【動画付】

暑い季節の変わり目に、扇風機のお掃除をされる方も多いと思います。 普通、扇風機の …

メモ帳の作り方♪「割り箸」を使って上手に糊付けする方法【動画付】

コピーの裏紙をクリップで止めて、メモ帳にしている方は多いですよね! 「でも書き終 …

灯油ポンプの使い方!「手動を自動で全部流れるようにする方法」

  手動式灯油ポンプは「サイホンの原理」を使うと、自動で灯油を入れるこ …

カッターの研ぎ方、安く簡単に研ぐ方法【動画付】

カッターの刃が短くなって、刃を交換しようとしたら「買ってなかった!」ということあ …

紫外線で靴の内側前部を除菌できるミラ-の作り方

日光に含まれる紫外線は、お肌のシワやシミの原因として、マイナスイメ-ジがあります …

オキシトシンを増やす【2つのお手軽マッサージ】をご紹介!

ストレスや不安で眠れないことありませんか? そんな時は癒しホルモン「オキシトシン …

「靴底はがれ修理を自分で!」 超強力接着剤SUを使う方法

「あれ? 靴底がはがれた?!」 お気に入りの靴の靴底がはがれてしまうことあります …

「扇風機 故障!」スイッチを自分で修理する方法

「あれ? 扇風機のスイッチが入らない!´_`。」 そんな経験ありませんか? 扇風 …