INFO BE FINE

あなたに役立つ情報、ユニークな方法をお伝えします。

*

ファスナーが閉まらない!【この部分】を締めて直しましょう

   

「ファスナーが噛み合わなくて閉まらない!」´_`。

筆者撮影

ファスナーを閉めようとしてスライドさせても、エレメントが噛み合わなくて閉まらないことありませんか?

そんな時は、この方法をお試し下さい。

ネットでペンチを使って自分で直す方法が紹介されていますが、締める部分が間違っていると直りません。

ここでは、ペンチで締めるべき正しい位置をご紹介します。

この方法の実践に当たりましては、自己責任でお願いします。

 

 スポンサーリンク

 

本題の入る前に、ファスナー部品の名称をご紹介します。

1 ファスナー部品の名称

下の写真のように、ファスナーは3つの部品で構成されています。

筆者撮影

  1. スライダー
  2. エレメント
  3. テープ

<スライダー部分名称>

筆者撮影

ファスナーで大事な部品「スライダー」の部分名称は次の通りです。

  • 引手
  • 口厚
  • テープ溝
  • レール

 

それでは続いて本題です。

 

2 ペンチで締めるべき正しい位置

今回はファスナーのエレメントが噛み合わなくなった時、自分でペンチを使ってスライダーを締めて直す方法をご紹介します。

<使うペンチは?>

使うペンチを2種類ご紹介します。

筆者撮影

写真のスパナ、またはラジオペンチを使います。

スパナは下の写真のように、ファスナーを開いた時の端部が開放されているバッグなどを直す時に、しっかり閉められて便利です。

筆者撮影

 

ラジオペンチは先端が細いので、全てのファスナー修理に使えます。

 

<ペンチで締めるべき正しい位置>

スライダーをペンチで締める際の正しい位置は、ファスアーを閉める時の前方側ではなく、後方側です。

(締めすぎに注意しましょう)

筆者撮影

 

その理由は、下の写真のように、ファスアーを閉める時には後方側の口厚が大事だからです。

筆者撮影

当たり前ですが、エレメントが噛み合って閉まる時、エレメントの最後の通り道はスライダーの後方部です。

でもファスナーは使っているうちに、この部分が摩耗や変形してきて、口厚が広がってきます。

口厚が広がると、ファスナーを閉めた時、左右のエレメントが上下にずれて、噛み合わせが外れてしまうのです。

ですので、この部分をペンチで締めて元の口厚に戻せば直ります

私も最初はスライダーの前側をペンチで締めていました。

でも何度やっても直りませんでした。

何故なのかよく見てみたら、閉めた後の左右のエレメントが少し上下にずれていました。

「これが原因だ!」と気づき、スライダーの後方側をペンチでしっかり閉めたら、噛み合わせが外れなくなったのです。

 

 スポンサーリンク

 

それでは続いてバッグを例に、実際の手順をご紹介します。

 

3 ファスナーが閉まらない時の修理手順(バッグ編)

<1:スライダーを戻しましょう>

少し力がいりますが、下の写真のようになったスライダーを閉める前の位置に戻しましょう。

筆者撮影

 

<2:ペンチ(プライヤー)で締めましょう>

ペンチかプライヤーで、スライダーの後方部の両側を締めましょう。

両側均等に!

筆者撮影

この時、最初は弱く締めてスライドさせてみて、まだ閉まらなかったら、徐々に強く締めていきましょう。

最初から強く締めると、スライダーが壊れる可能性があります。

また、締めすぎるとスライダーの動きが重くなります。

締めすぎに注意しましょう。

 

今回修理したバックは、ファスナーを開いた時の端部が開放されているので、プライヤーで締めることができます。

プライヤーの方が力を入れやすいので使いました。

ラジオペンチでもOK。

 

<3:直りました♪>

筆者撮影

 

何回かスライドさせてみて、エレメントの両側の上下のずれが無く、

スライダーの動きが重くなければ終わりです。

 

もし少し重くなったら、ファスナー専用潤滑剤をエレメントに塗ると軽くなります。

タッチペンタイプがありますので、エレメントだけに塗れて便利ですよ!

 

スポンサーリンク

 

 

4 ファスナーを開いた時の端部が開放されていタイプの修理法

下の写真のようにデニムパンツなど、ファスナーを開いた時の端部が開放されていタイプでは、

プライヤーは使えませんので、先端が細いラジオペンチを使いましょう。

 

筆者撮影

同じく、スライダーを元の位置にもどして両側均等に締めましょう。

 

5 記事を書き終えて

いかがでしたでしょうか?

参考になりましたか?

スライダーを締める位置が後方側にしましょう。

両側均等に!

また締めすぎに注意し、徐々に強く締めていきましょう。

私の使っているトートバッグは、買って半年くらいでファスナーが閉まらなくなりました。

この方法で修理して復活しました。

でも、数か月使っているとまた閉まらなくなりますので、その時はまたペンチで締めています。

スライダーに使っている金属が軟らかくて摩耗・変形しやすいようです。

最後にもう一度お願いします。

この方法の実践に当たりましては、自己責任でお願いします。

 スポンサーリンク

 

6 おすすめ関連記事

ファスナー閉めても開く時の対策【他にない裏技】

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

(※記事内容の実施に当たりましては、読者様の自己責任により、安全性・有用性を考慮いただいた上で、ご活用お願い申し上げます。)

 - 【暮らしに役立つユニークな方法】

  関連記事

車のキーの電池交換はどこで? 自分で接触不良を防ぐ方法で交換しましょう!

車のキーの電池交換は、ディーラーさんが基本ですが、自分で「接触不良を防ぐ方法」で …

書けなくなったボールペンを自転車を使って簡単に復活させる方法【動画付】

まだインクが残っているのに、書けなくなったボールペンを捨ててしまうのはもったいな …

フェリーや車で酔わない方法【他に無い裏ワザ】

「今日はフェリーに乗るけど、船酔いしないかしら・_・?」 みなさん船や車に乗ると …

洗濯機の排水口から水漏れ!【こんな対策】もあります

「洗濯機の排水口から水漏れ!´_`。」 そんな経験ありませんか?   …

扇風機の掃除法 「モーターにこんなにホコリが!」【動画付】

暑い季節の変わり目に、扇風機のお掃除をされる方も多いと思います。 普通、扇風機の …

自転車のサビ取りは「いつが良い?」木工用ボンド編

木工用ボンドを使った自転車のサビ取りは「いつが良いのでしょうか?」 今回は自転車 …

引き戸や襖が重い! 100円で簡単に解決する方法

「最近なんだか引き戸が重くなった!」と感じることありませんか? 動きにくくなった …

イヤホン断線寸前、プラグの保護カバ-が切れたらすぐに自分で直しましょう。

イヤホンを長く使っていると、下の写真のようにプラグのコード保護カバ-(ブッシング …

「扇風機 故障!」スイッチを自分で修理する方法

「あれ? 扇風機のスイッチが入らない!´_`。」 そんな経験ありませんか? 扇風 …

爪切りの研ぎ方、安く簡単に研ぐ方法【動画付】

「最近どうも爪切りの切れ味が悪くなったなあ!」と思う事ありませんか。 普通爪切り …