INFO BE FINE

あなたに役立つ情報、ユニークな方法をお伝えします。

*

洗濯機の排水口から水漏れ!【こんな対策】もあります

      2018/08/08

「洗濯機の排水口から水漏れ!´_`。」

そんな経験ありませんか?

筆者撮影

 

我が家では先日、上の写真のように、洗濯機の排水口のエルボの隙間から水漏れしました。

(水漏れをを分かりやすく水色に着色しています)

このエルボは20年前に新築したときに付いたもので、当時はよく使われていたタイプです。

筆者撮影

 

床の排水トラップにただ刺し込んであるだけのエルボですので、洗濯機から排水する時に勢いよく排水すると、水圧でエルボが少し持ち上がって隙間ができ、そこから水漏れしたようです。

そこで今回、自分でこの水漏れ対策をしてみました。

安く簡単にできる方法です。

こういう方法もあるということで、参考にしていただければ幸いです。

この方法の実践に当たりましては、自己責任でお願いします。

 

 スポンサーリンク

 

1 洗濯機の排水口から水漏れ!【こんな対策】もあります

それではさっそくご紹介します。

<ご用意いただくものです>

筆者撮影

ご用意いただくものは、

  1. ミニステー3本(接合金物:長さ25.5mm)
  2. トラスタッピングネジ3本(太さ3mm・長さ25mm)
  3. プラスドライバー

 

1のステーは接合金物とも呼ばれていて、両端や中央にネジ穴が開いていて、家具などを接合するときに使います。

筆者撮影

今回は一番短い25.5mmのタイプを使います。

一袋2個入り。

ホームセンターで1袋140円位で売っています。

 

2のトラスタッピングネジは、既存のネジが太くてミニステーの穴に入らないパターンが殆どですので必要になります。

今回使ったのは太さ3mmの細いタイプ。

トラスタッピングネジは、ネジ頭は平たい鍋状になっているネジで、押さえる力が強いネジです。

水廻りですので、ステンレス製がおすすめ。

これもホームセンターで6本入りが160円位で売っています。

 

それでは手順を順番にご紹介します。

 

<1:既存のネジを外しましょう>

排水トラップを固定している既存のネジをプラスドライバーで外しましょう。

筆者撮影

このネジがミニステーの穴に入ればそのまま使えますが、殆ど入りませんので細いトラスタッピングネジを使って固定します。

 

<2:トラップの中を掃除しましょう>

下の写真はエルボを抜いた状態です。

筆者撮影

中のトラップにゴミがたまっています。

このタイプはトラップを落とし込んで入れているだけですので、指を入れて引き上げると簡単にトラップが外せます。

筆者撮影

上の写真は外したトラップです。

中にゴミとクリップがありました。

私の服のポケットにクリップを入れっぱなしで洗濯してしまったようです。

洗濯機の中にクリップが引っ掛かると大変!

見つかると妻に叱られる!´_`。

こっそり捨てました(笑)

洗って元に戻しましょう。

戻した後に、トラップに水を溜めて下さい。

水が無いと、下から臭気が上がってきます。

エルボを差しこみましょう。

 

<3:ミニステーを取り付けましょう>

筆者撮影

 

ミニステーの穴にネジを通してしっかり締め、

上の写真のようにエルボを固定しましょう。

金物の先端がエルボにかかる位置でネジを締めましょう。

 

完成です(^v^)

 

これでエルボが金物で押さえつけられて隙間が無くなり、水漏れしなくなります。

 

 スポンサーリンク

 

2 排水トラップの中を掃除する時は?

排水トラップの中は、定期的にお掃除するようにしましょう。

 

お掃除する時は、下の写真のようにネジを少し緩めてミニステーを回転させ、エルボが抜きましょう。

筆者撮影

 

掃除が終わったらトラップに水を溜めるのをお忘れなく!

 

最後にミニステーをエルボに掛けて、しっかりネジを締めましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

3 記事を書き終えて

いかがでしたでしょうか?

参考になりましたか?

最近の洗濯機用排水トラップには、エルボをネジ式で固定できるタイプもありますので、このような金物止めの必要はありません。

ですが、洗濯機用排水トラップは数年で壊れるものではありませんし、新品に交換するには2~3万程度かかります。

我が家のように古いエルボと排水トラップを使っているご家庭はかなりあると思います。

筆者撮影

このエルボはゴム製で、古くなると硬くなり、若干縮んで隙間ができるようです。

新品のときは、しっかりフィットしていました。

 

洗濯機の排水口から水漏れしたとき、自分でトラップを交換するのはお勧めできません。

古いトラップを外す時、塩ビ管を破損する可能性があるからです。

そうなると床下にもぐって排水管の修理が必要になります大変です。

 

洗濯機にかぎらず水漏れはいやですよね!

放置すると床が腐ることも。

 

今回ご紹介した方法は、この方法で水漏れが抑えられそうとご判断された場合に参考にして下さい。

水漏れは、基本的に水の専門業者にお願いしましょう。

 

この方法の実践に当たりましては、自己責任でお願いします。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

(※記事内容の実施に当たりましては、読者様の自己責任により、安全性・有用性を考慮いただいた上で、ご活用お願い申し上げます。)

 - 【暮らしに役立つユニークな方法】

  関連記事

ストレス解消に効果絶大! 猫を何分撫でればいいの?

かわいいペットと触れ合うと、人に大変良い効果があります。 脳内ホルモンの「オキシ …

リュックの破れを自分で修理!【超強力接着剤法】

「あれっ? リュックが破れてる!」 「まだ買って半年ないのに´_`。」 そんな経 …

ハサミの研ぎ方! 簡単な12の方法を網羅

切れなくなったハサミをすぐに捨ててしまうのはもったいないですよね。 ハサミも研ぎ …

包丁の研ぎ方、安く簡単に研ぐ方法【動画付】

切れなくなった包丁を使い続けるのは、かえって危ないかもしれませんね。 今回はおも …

自転車の空気が抜ける! 虫ゴムを差しやすくする方法で交換しましょう

「おかしいなあ、こないだ空気入れたばかりなのに・・・」   こんな感じ …

自転車のサビ取りは「いつが良い?」木工用ボンド編

木工用ボンドを使った自転車のサビ取りは「いつが良いのでしょうか?」 今回は自転車 …

カッターの研ぎ方、安く簡単に研ぐ方法【動画付】

カッターの刃が短くなって、刃を交換しようとしたら「買ってなかった!」ということあ …

ファスナーが閉まらない!【この部分】を締めて直しましょう

「ファスナーが噛み合わなくて閉まらない!」´_`。 ファスナーを閉めようとしてス …

扇風機の掃除法 「モーターにこんなにホコリが!」【動画付】

暑い季節の変わり目に、扇風機のお掃除をされる方も多いと思います。 普通、扇風機の …

エアコン故障【体験談】室外機を長持ちさせる方法

「あれ? なんでだろう? エアコンのスイッチを押しても、運転が始まらない!」 そ …