INFO BE FINE

あなたに役立つ情報、ユニークな方法をお伝えします。

*

病気や不眠は【発熱力の低下】が原因かも! その対処法

      2017/08/04

人は病原菌が体に入ると身を守るために体温を上げます。

この発熱は病原菌と戦うさいの免疫力を上げるためのもので、健康な人に備わっている抵抗力です。

具合が悪くて体温を測ったら微熱。

「なんだ微熱か」と安心してそのままにしておくと、症状が悪化することがあります。

これは病気と戦う”発熱力”がなかったためです。

今回はこの発熱する力が不足すると起こる免疫力低下や不眠、その発熱力低下の原因と対策法についてまとめてみました。

スポンサーリンク

【目次】

1 微熱のため症状が悪化
2 なぜ発熱力が低下するの?
3 眠れないのも発熱力の低下が一因
4 寝る前に体温を上げて熟睡する方法

 

1 微熱のため症状が悪化

真夏のある日、Aさんは体のだるさを感じて近くの病院で診てもらいました。

特に異常は見つからず、暑さからくる夏バテといわれました。

しかし具合は悪くなる一方で、息苦しさも出てきたため、精密検査を受けたところ、かなり進行した肺炎と診断されました。

一般的に肺炎にかかると38度以上の熱がでるといわれていますが、その時の検温でも37.3度と微熱でした。

発熱力が低下していると肺炎やインフルエンザなどに感染してもあまり熱が出ない場合があります。

ある統計によると75歳以上の人の30%が微熱か、発熱しないとされています。

体が熱を出すのは体内に入ってきた病原菌と戦う時、免疫力を上げるために体温を上げます。

Aさん場合、発熱力が弱かったため、肺炎の症状が悪化したと考えられます。

スポンサーリンク

 

2 なぜ発熱力が低下するの?

体の発熱と聞いてまず思いうかべるのが、寒い時の”ふるえ”ですね。

これは筋肉が震えることにより、熱を作り出しています。

しかし筋肉は長く震え続けられません。

では病原菌と戦っている時の長い発熱はなぜできるのでしょうか。

それは筋肉に含まれる”サルコリピン”のおかげです。

このサルコリピンはタンパク質の一種で、筋肉が震えなくても発熱できるように働きます。

ですので発熱力の低下は年齢ではなく、筋力の低下からきています。

 

3 眠れないのも発熱力の低下が一因

夜眠れないのも発熱する力の低下が大きく関係していることが分かってきました。

寝つきのよい人は、夜眠る前の体温が高く、朝方の体温が低いそうです。その差0.5℃

最近の調査で、年齢が30歳くらいを超えると、夜眠る前の体温より朝の体温のほうが高くなる人が増えてきているそうです。

熟睡のためには、発熱力を高めて、夜から朝にかけてゆるやかな体温の低下が必要です。

スポンサーリンク

 

4 寝る前に体温を上げて熟睡する方法

深い眠りを得るためには、寝る前に体温(深部体温)を一時的に上げることが有効です。

かぜをひいた時に体温計で測る体温は体の表面温度です。

これに対し、深部体温は体の内部(内臓や脳など)の温度です。

深部体温は覚醒に深く関わっています。

人は上がった深部体温が下がり始めると眠くなります。

このタイミングでベッドに入ると熟睡できます。

【お風呂で体温を上げましょう。】

熟睡のためにおススメなのが、寝る1時間前のぬる目のお風呂です。

湯温は夏は38℃くらい、冬は40℃程度のやや低めのお湯に、15~20分くらい入るのが良いとされています。

【午後~夕方の軽い運動が効果的】

お風呂以外にも、深い眠りを得る方法として、午後から夕方にかけての軽い運動が有効です。

夕方近くは特に効果的で、別記事でご紹介しています “睡眠力UP”にもつながります。

この時間帯に体を動かすことで、寝る前の深部体温が上がります。

おススメの運動が早歩きです。

1回の早歩きを3分(途中休憩OK)、これを体調に合わせて無理をしない程度に何回か行って、一週間の合計時間が1時間になるようにします。

これで寝る前の深部体温が上がります。

運動による疲労も熟睡に有効です。

またこの運動後、30分以内に乳製品を食べるか、コップ一杯の牛乳を飲むとさらに効果が上がるそうです。

参考:取り戻せ免疫パワ- 体温計で命を守る秘術

http://www9.nhk.or.jp/gatten/archives/P20141008.html

(2015/8/1)

お風呂や運動で発熱力UPを一度試してみてはいかがでしょうか。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

(※記事内容の実施に当たりましては、読者様の自己責任により、安全性・有用性を考慮いただいた上で、ご活用お願い申し上げます。)

 - 【健康】

  関連記事

夜眠れない、眠りが浅いのは眠る力が衰えている?かも

夜なかなか寝付けなかったり、夜中に何度も目が覚めることありませんか。 筆者も寝つ …

咳止めは飲んだほうがいいの?飲まないほうがいいの?

止まらない咳、しつこい咳はつらいですよね! 寝ているときの咳なおさらです´_`。 …

スマホを見てると頭痛! 原因は【緊張型頭痛?】対処法

スマホやパソコンを長時間見ていると、頭痛になることありませんか? 私は1時間くら …

「片側頭痛」は失明や失聴になる可能性あり!

頭痛はつらいですよね´_`。 数ある頭痛の中でも「片側だけの頭痛(片頭痛)」は要 …

「その便秘! 強く息んではだめなの?」 原因と対策

トイレで息んでもスルリと出ない便秘! なんとかしたいですよね。 日本人の約1割弱 …

妻のうつ病体験談

アクセスありがとうございます。 今回はうつ病が大きく改善した私の妻の体験談です。 …

「コロコロ便が続く!」その原因と対策!

コロコロ便が続いていませんか? コロコロ便は便秘の一種!´_`。 便秘は肌荒れや …

首のしこりは【悪性リンパ腫】の可能性あり!

悪性リンパ腫は白血球の中のリンパ球が”がん化”したものです。 発病すると首やわき …

肘にしこりを発見! それは【悪性軟部腫瘍】の可能性あり!

おふろで肘にしこりを発見! 気になりますよね! 肘にできるしこりの殆どは良性です …

耳の後ろの「しこり」は【悪性リンパ腫】の可能性あり!

お風呂に入って耳の後ろを触ると「あれっ?なにこのしこり?」 そんな経験をした方も …