INFO BE FINE

あなたに役立つ情報、ユニークな方法をお伝えします。

*

フェリーや車で酔わない方法【他に無い裏ワザ】

      2018/05/04

「今日はフェリーに乗るけど、船酔いしないかしら・_・?」

みなさん船や車に乗るときは、乗り物酔いが気になりますよね!

酔い止め薬を飲むと、食欲が無くなる人がいます。

また、船を降りた後は車の運転ができないことも。

そこで今回は、フェリーと車で酔い止め薬を飲まないでも乗り物酔いを避ける方法【他に無い裏ワザ】をご紹介します。

全ての方に効果があるとはかぎりませんが、すごく簡単な方法ですので、是非一度お試し下さい。

(この方法の実践に当たりましては、自己責任でお願いします)

 

 スポンサーリンク

 

1 フェリーで船酔いしない方法

それでは先にフェリーで船酔いしない方法からご紹介します。

<頭45度傾け法>

この方法はジュータン席に寝た状態で行います。

またベッドのある客室、もしくは背もたれが大きく倒せるイス席でも可能です。

(背もたれがあまり倒せないイス席ではできません)

 

:仰向けに寝て、頭の下に枕か枕の代わりになるもの(バスタオルや毛布など)を置きます。

:下のイラストのように、頭を仰向けの状態から、斜め45度傾けます。

(傾ける方向は、左右どちらでもかまいません)

 

筆者作成

 

以上で終わりです。

「エッ?! たったそれだけ?」

と思われる方もいらっしゃるかと思います。

「たったこれだけです^^;」

裏技とは言えないような簡単な方法ですみませんm(_ _)m

人によって効果に違いがあるかもしれませんが、私の場合、どんなに船が揺れても酔うことはありません。

酔い止め効果は即。

でも頭を仰向けに戻すと、すぐに効果はなくなります。

頭を傾ける方向は、時々左右入れ替えた方が首への負担が軽くなると思います。

私は傾け方向を、左右20分おきくらいに変えています。

 

【ご注意】

長時間、頭を同じ方向に傾け続けると、人によっては首が痛くなったり、肩こりなどになるケースが考えられます。

少しでも違和感を感じたら、直ぐにやめましょう。

またこの方法は、効果に個人差が考えられます。

あまり効果が無いようでしたら、やめましょう。

 

簡単な方法ですので、是非一度お試し下さい。

スポンサーリンク

 

フェリーを降りてから次は車に乗るケースも多いですよね。

続いて、薬を飲まないで車酔いを避ける方法をご紹介します。

 

2 車酔い(乗り物酔い)対処法

この方法も基本的に上記の方法と同じです。

座席シートの背もたれを水平近くまで倒すことができる車などで可能です。

(背もたれをあまり倒せないバスや飛行機、新幹線ではあまり効果が期待できません)

<頭45度 車酔い対処法>

筆者作成

 

①:上半身が水平近くになるように、座席の背もたれをめいっぱい倒します。

②:頭を仰向けの状態から約45度傾けます。(左右どちらでもOKです)

以上で終わりです。

頭を傾ける方向は、時々左右入れ替えた方が首への負担が軽くなると思います。

車の場合、頭の左右の揺れを少なくできる枕やクッションのような物があるとさらにいいと思います。

背もたれを中間くらいまで倒して実験しましたが、私の場合、あまり酔い止め効果はありませんでした。

ですので、背もたれをあまり倒せないバスや飛行機、新幹線ではあまり効果が期待できないようです。

 

【ご注意】

長時間、頭を同じ方向に傾け続けると、人によっては首が痛くなったり、肩こりなどになるケースが考えられます。

少しでも違和感を感じたら、直ぐにやめましょう。

またこの方法は、効果に個人差が考えられます。

あまり効果が無いようでしたら、やめましょう。

 

スポンサーリンク

 

以上でフェリーで船酔いしない方法、車酔い対処法は終わりですが、せっかくですので、この方法を発見したときのエピソードもご覧ください。

 

3 この裏技の「発見エピソード」

この方法は、長年私がフェリ-に乗るなかで偶然に発見した方法です。

私は離島育ちで、実家に帰るときは船しか交通手段がなく、毎年、年に数回フェリ-に乗ります。

18歳からフェリ-に乗るようになり、船酔いしやすいタイプでしたので、毎回乗るのがいやでした。

 

<薬を飲まないで酔いを止めたい>

始めの頃は船に乗るまえに酔い止め薬を飲んでいましが、船を降りた後もめまいがしたり、食欲がわかなかったりしていました。

また酔い止め薬の副作用で、船を降りてからしばらく車の運転ができませんでした。

アルコ-ルを飲んで酔わなくする人もいますが、当時私はまだ未成年。

そこで別の方法で何とか船酔いを克服できないものかと、いろいろ試行錯誤をはじめました。

 

<乗り物酔いは三半規管と脳のなせるわざ、だったら・・・>

乗り物酔いの原因は、乗り物の揺れによって、内耳にある三半規管が刺激されて起きる自律神経失調状態です。

アルコ-ルや熟睡によって酔わないのは、これらの働きがおさえられるためです。

だったら別の方法でこれらの働きを抑えられないものか?

 

<試行錯誤の中で偶然に発見>

柑橘ジュ-スを飲んだり、揺れと反対方向に体を動かしたりと、色々試しましたが、殆ど効果無し。

あきらめかけてジュ-タン席で寝ていて、そっぽを向いたとき、それを偶然発見しました。

なんと頭を仰向けの状態から45度、右に傾けたら突然酔いがおさまったのです。

その後何度も船に乗るたびに試しましたが、結果は同じ。

波が高くて船が大きく揺れた時でも、全く酔いませんでした。

 

 スポンサーリンク

 

4 この方法で船酔いしなくなる理由は?

船酔いの原因は、船の揺れによって、内耳にある三半規管が刺激されて起きる「自律神経失調状態」です。

頭を45度傾けると船酔いしなくなる理由は分かりません。

ただ予想として考えられることは、

頭を傾けることによって、平衡を保とうとする脳の自律神経や三半規管が揺れを感じにくくなるのではないでしょうか。

 

以上で、裏技と発見エピソードは終わりですが、次に乗り物酔いが起こるメカニズムや症状、一般的な対処・予防法について見てみましょう。

 

5 乗り物酔いとは

乗り物酔いは正式名:動揺病(どうようびょう)と言い、乗り物の種類によって次のように呼ばれています。

  • 船酔い
  • 車酔い
  • 列車酔い
  • 空酔い(飛行機酔い)
  • 宇宙酔い

<乗り物酔いはなぜ起きるの?>

人には体が倒れないように自動調整する「平衡機能」がそなわっています。

この働きを司っているのが、内耳にある三半規管や前庭。

車の後部座席などに乗っていると、脳が予測した動きと実際の動きにズレが出て、自律神経の働きが乱れます。

車酔いも自律神経の乱れが主な原因ですが、他にも、

  • 睡眠不足
  • 体調不良
  • 臭い
  • 不快な温度・湿度
  • 過去に酔った記憶
  • 空腹・満腹

なども乗り物酔いの引きがねとなります。

 

6 酔いやすいタイプの人は?

脳や平衡機能が未成熟な幼児や、衰えてきている高齢者は乗り物酔いしにくい傾向があります。

一般的に7歳くらいから酔いやすくなり始め、小中学生の3~4割、男子より女子の方が酔いやすいとされています。

幼児や高齢者は酔いにくく、小学校入学後から酔いやすくなり、高学年になるにつれて多くなります。小中学校の児童・生徒の30~40%、女子の方が男子より多いという統計があります。

 

引用:一般社団法人 日本耳鼻咽喉科学会 乗り物酔いより

http://www.jibika.or.jp/citizens/handbook/mimi10.html

(2017/07/23)

 

7 乗り物酔いの症状

乗り物酔いのおもな症状は、

  • 吐き気
  • 胸のむかつき
  • 嘔吐
  • 生つば
  • あくび
  • 冷や汗
  • 顔面蒼白
  • 頭重
  • めまい
  • 手足が冷たく感じる
  • 胃部膨満感

などが挙げられます。

この中で特に、吐き気、胸のむかつき、嘔吐、生つば、冷や汗の発症頻度が高いとされています。

 

8 酔い始めた時の一般的な対処法

車などに乗って酔い始めたら、次のことで対処しましょう。

  • 酔ってからでも効く酔い止め薬を飲む
  • バスの場合、前の席に座る
  • 遠くの景色(前方)を見る
  • 換気をよくする
  • ベルトや衣服をゆるめる
  • 進行方向に向いた席に座る
  • スマホを見ていたり、本を読んでいたらやめる
  • 寝る
  • 話をする
  • 優しい運転(急発進、急ブレーキ、急カーブを避ける)をしてもらう
  • 自分で運転できる場合、自分で運転する

 

9 乗り物酔いの予防法(乗る前・前日)

せっかくの楽しいドライブなど、酔わないようにしたいですよね。

乗る前の予防法は、

<前日>

  • しっかり寝る
  • 暴飲・暴食はしない
  • 体調を整える

<当日・乗る前>

  • 乗る前に酔い止め薬を飲む
  • 満腹・空腹状態で乗らないようにする
  • 乗る前に脂っこい物は食べないようにする
  • 船のイス席の場合、可能であれば船の中央辺りの席を予約する

 

10 記事を書き終えて

いかがでしたでしょうか?

「頭45度傾け法」は使えそうな裏技でしょうか?

今、船や車に乗って酔い始めている方は、さっそく試してみて下さい。

すぐに船酔いがおさまるかもしれませんよ♪

私は家族や親せき、友人と船に乗るたびに、この方法をすすめています。

効果に個人差があります。

試しにやってみて、効果がなかったり、効果があっても首が痛くなりそうでしたら、別の方法(酔い止め薬など)をおすすめします。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

(※記事内容の実施に当たりましては、読者様の自己責任により、安全性・有用性を考慮いただいた上で、ご活用お願い申し上げます。)

 - 【暮らしに役立つユニークな方法】

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

灯油ポンプの使い方!「手動を自動で全部流れるようにする方法」

  手動式灯油ポンプは「サイホンの原理」を使うと、自動で灯油を入れるこ …

iPhone充電ケーブルのおしゃれな補強法【バネ以外】動画付

「一年前に買ったiPhoneの充電ケーブルが断線してしました!」 付属の純正ケー …

騒音で眠れない時に 寝やすくする方法【他にない方法】

夜中に隣室から響く足音やドアの開閉音。 壁や天井から聞こえる騒音で眠れないとつら …

洗濯機の排水口から水漏れ!【こんな対策】もあります

「洗濯機の排水口から水漏れ!´_`。」 そんな経験ありませんか?   …

ファスナーが閉まらない!【この部分】を締めて直しましょう

「ファスナーが噛み合わなくて閉まらない!」´_`。 ファスナーを閉めようとしてス …

スリープマイスターの置き場所は手がスマホに当たる!?【対処法】

スリープマイスターの置き場所は枕の横ですが、寝ていてスマホに手が当たったことあり …

「扇風機 故障!」スイッチを自分で修理する方法

「あれ? 扇風機のスイッチが入らない!´_`。」 そんな経験ありませんか? 扇風 …

ファスナー閉めても開く時の対策【他にない裏技】

デニムパンツやスカートのファスナーがいつのまにか開いている! そんな経験ありませ …

引き戸や襖が重い! 100円で簡単に解決する方法

「最近なんだか引き戸が重くなった!」と感じることありませんか? 動きにくくなった …

傘の骨修理を自分で! 意外な物を使う「簡単修理法」【動画付】

「買ったばかりの傘の骨がもう折れた!」´_`。 そういうことありますよね! 今回 …